トップ>                                                                                        サイトマップ
     

2014−12−26

被保険者資格喪失後の受診により発生する返還金の保険者間の調整について

 資格喪失後の受診等により発生する返還金については、被保険者等が旧保険者に対して、保険給付分にあたる支払った後に、
新保険者に対して療養費を請求することが原則ですが、平成27年1月1日より、被保険者等と旧保険者の間で受領委任が
なされた場合は、保険者間調整が可能となります。
 保険者間調整は、被保険者等と旧保険者等の間で受領委任がある場合に可能な調整方法のため、保険者間調整を希望の
場合は次の書類が必要です。

保険者間調整を希望の場合
資格喪失後受診に伴う返還金精算に係る申出書(委任状兼同意書)
次の(1)から(5)に該当する申請書
(1) 療養費申請書(様式四)
(2) 出産育児一時金申請書(様式五)
(3) 葬祭費・埋葬料(費)申請書(様式六)
(4) 移送費申請書(様式七)
(5) 高額療養費申請書(様式八)
当組合への返還義務者と現保険者への申請者が異なる場合は、申出書および申請書の他に同意書(様式九)が必要です。

代理受領した金額が返還金の額に満たない場合は、その差額を返還する必要があります。


お問合せ先
審査課:03−3264−4427