トップ介護保険ガイド                                                                             サイトマップ


サービスを利用するには
  介護保険のサービスを利用するためには、介護や日常生活に支援が必要な状態であることなどについて認定 (要介護認定) を受けることが
 必要です。居住している市区町村に申請書を提出し、どの程度の介護が必要であるかを判定してもらいます。
 
要介護認定の仕組み
  介護保険サービスを利用したいときは、居住している市区町村の窓口に申請します。申請は、本人や家族などのほかに指定居宅介護支援
 事業者や介護保険施設による代行も認められています。申請を受けると、研修を受けた調査員が家庭等を訪問し、本人の状態などを調査し
 コンピュータによる判定が行われます。調査は、全国共通の調査票をもとに行われます。
  また、このとき、主治医による病気の状態などをまとめた意見書も必要になります。調査の判定結果と意見書をもとに、介護認定審査会が、
 支援が必要な状態かとどのくらい介護が必要か (要介護度) を決定します。
 
要介護認定について
  調査の結果、必要な介護の度合いに応じて、要支援1・要支援2・要介護1・要介護2・要介護3・要介護4・要介護5の7段階に分けて認定され
 ます。この認定区分により、介護保険で受けられるサービスの内容が決められます。
 
認定の目安
要支援1
 障害のために生活機能の一部に若干の低下が認められ、
 介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。

     要支援2
 障害のために生活機能の一部に低下が認められ、
 介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。

要介護1
 身の回りの世話に見守りや手助けが必要。
 立ち上がり・歩行等で支えが必要。

要介護2
 身の回りの世話全般に見守りや手助けが必要。
 立ち上がり・歩行等で支えが必要。
 排泄や食事で見守りや手助けが必要。

要介護3
 身の回りの世話や立ち上がりが一人ではできない。
 排泄等で全般的な介助が必要。

要介護4
 日常生活を営む機能がかなり低下しており、
 全面的な介助が必要な場合が多い。
 問題行動や理解低下も。

要介護5
 日常生活を営む機能が著しく低下しており、
 全面的な介助が必要。
 多くの問題行動や全般的な理解低下も。

 
1ヶ月のサービス利用料の限度額
  介護保険では、認定区分ごとに1ヶ月当たりのサービスの支給限度基準額を定めています。
 
在宅サービス

要支援1

49,700円 要支援2 104,000円 要介護1 165,800円

要介護2

194,800円 要介護3 267,500円 要介護4 306,000円

要支援5

358,300円  
 
施設サービス
  介護保険施設に入所した場合、利用者は介護サービス費用の1割、食事代の負担額、日常生活費を負担します。
 利用料金は施設や利用者の介護度によって異なります。
介護サービス計画について
  介護支援専門員 (ケアマネージャー) に相談すると、費用を負担せずに、本人の心身の状態や希望、家庭の状況に合った、総合的な
 介護サービス計画 (ケアプラン) を作成してもらうことができます。ケアプラン作成については1割の利用者負担はありません。