トップ健康保険ガイド                                                                             サイトマップ


 被保険者及び被扶養者が75歳 (65歳以上75歳未満で一定程度の障害のある方は認定を受けたとき) になると計機健康保険組合から脱退し、
都道府県単位に広域連合が運営する後期高齢者医療制度に加入することになります。
 
資格取得日
@ 75歳以上の方 : 75歳の誕生日
A 65歳以上75歳未満で一定程度の障害のある方 : 障害認定日
 
被保険者証
  1人に1枚ずつ「後期高齢者医療被保険者証」が交付されます。
 
患者の窓口負担(一部負担金)
  医療費の1割 (現役並み所得者は3割) となります。
 
保険料
  後期高齢者の方々一人ひとりが、皆、負担能力に応じて公平に保険料を負担します。原則として広域連合内は均一の保険料となり、頭割の部分
 (均等割) と所得に応じた部分 (所得割) により算出されます。なお、所得の低い方については世帯の所得水準に応じて保険料が軽減されます。
  また、被扶養者として保険料を負担してこなかった方については、2年間5割軽減された均等割のみを負担することとなります。
  ただし、現在、激変緩和措置として均等割が9割軽減、所得割は全額免除となっています。
 
保険給付
  前期高齢者70〜74歳のときと同様です。ただし、付加給付はありません。