トップ健康保険ガイド                                                                             サイトマップ


 70歳から74歳の人は、今まで通り健康保険で診療を受けますが、医療費の一部負担金 (1〜3割負担) や自己負担限度額が変わります。
 なお、75歳になると後期高齢者広域連合に加入し、計機健康保険組合の資格はなくなります。
 
健康保険高齢受給者証の交付
  一部負担金の割合が明記された 「健康保険高齢受給者証」 が被保険者と被扶養者それぞれに交付されます。受診の際は保険証カードとこの
 「健康保険高齢受給者証」 を医療機関の窓口に提示します。
 
一部負担金・自己負担限度額 (高額療養費制度)
  被保険者、被扶養者ともに医療機関の窓口での一部負担金は、所得に応じて医療費の1割または3割となります。また、入院時の食事代、居住
 費を自己負担します。
  但し、食事代を除いた1ヶ月あたりの自己負担限度額 (高額療養費制度) が以下の表のように設けられています。また、70歳から74歳の人と
 70歳未満の人がいる世帯は、それぞれ世帯合算を行うことができます。
 
自己負担限度額を超えた時の支払方法
通院の場合:高額療養費として後日自動支払しますので、申請の必要はありません。
入院の場合:自己負担限度額を超えたら、医療機関窓口でのそれ以上の支払はありません。
 
被保険者・被扶養者の一部負担金 (通院・入院とも)
現役並み所得者:標準報酬が28万円以上の方。但し、単身世帯で年収383万円以上、複数世帯で年収520万円以上の方
           ただし、70歳未満の被保険者に扶養されている70〜74歳の方は2割 (平成23年3月までは1割)
 
1ヶ月当たりの自己負担限度額