トップ健康保険ガイド                                                                             サイトマップ


 高額療養費や出産育児一時金・家族出産育児一時金 (以下「出産育児一時金」とする) の支給をうけるまでの間、健康保険組合では窓口支払
にあてるための資金貸付の取り次ぎを行っています。
 なお、高齢療養費には窓口負担が軽減される現物給付もあります。
 
貸付対象者
 <高額医療費資金>
  高額療養費が支給される見込のある被保険者
 
 <出産費資金>
  @ 出産予定日まで1ヶ月以内の被保険者及び出産予定日迄1ヶ月以内の扶養者がいる被保険者
  A 妊娠4ヶ月以上で医療機関に一時的な支払が必要となった被保険者及び妊娠4ヶ月以上で医療機関に一時的に必要となった扶養者がいる
    被保険者
 
 
申し込み方法
 <高額医療費資金>
  「高額療養費つなぎ資金貸付申込書」 に領収書を添付して、事業主を経由して健康保険組合に提出してください。
  内容確認後に、社団法人・東京都総合組合保健施設振興協会へ送付します。
 
 <出産費資金>
  @ 「出産費資金貸付申込書」 に母子健康手帳の写、出産予定日まで1ヶ月以内であることを証明する書類を添えて提出してください。
  A 「出産費資金貸付申込書」 に母子健康手帳の写、妊娠4ヶ月以上であることを証明する書類及び医療機関等からの出産に要する費用の
    内訳のある請求書または領収書を添付して提出してください。
 
 
貸付金
 <高額医療費資金>
  貸付額は、高額療養費相当額の90%です。但し、算出した額に1,000円未満の端数がある時は、その端数は切り捨てます。
 
 <出産費資金>
  出産育児一時金の90%です。
 
 
貸付金の返済と精算
 返金は、高額療養費・出産育児一時金等と貸付金との間で精算されます。精算した残金額は、高額療養費・出産育児一時金等として
 健康保険組合から支給されます。