トップ健康保険ガイド                                                                             サイトマップ


 被保険者や被扶養者の分も含めて、1年間 (1月1日〜12月31日) に支払った医療費の総額から、健康保険組合から支給された法定給付・
付加給付等を除いた残額が、10万円または年間所得の5%を超えた場合、所得税の確定申告をしますと、その超えた分が課税対象から控除され、
その分税金の一部が戻ってきます。但し、医療費控除の最高額は200万円までとなっています。


計算例
医療費の総額 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ A ( 50万円)
健康保険組合等から補てんされた額 ・・・・・・・・・・・・・・・・ B ( 30万円)
年間所得金額 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ C (400万円)
  医療費控除 = ( A − B ) − ( C × 5%か10万円のいずれか低い額 ) = 10万円
  
控除される医療費の範囲
医師や歯科医師に支払った治療費
出産費用(妊娠が明らかになってからの定期健診や通院のための費用も含む)
治療の為の、按摩、指圧、ハリ、灸の施術費
治療に必要な医薬品代 (売薬も含む)
入院時の食事療養にかかる費用
通院のためのバス代、電車代等の交通費や医師往診のための送迎費
入院するための車代
寝たきり老人用のおむつ代
診療に関係した日常最低限の用をたすために必要な義手、義足、松葉杖、補聴器、義歯などの購入費用
介護保険のサービス (対象とならないものもあります。)
その他
 
控除が受けられないもの
差額ベッド代のうち治療上の必要から支払った分については、たとえ個室であっても医療費控除対象となりますが、患者の希望で個室に入院
した場合には、対象となりません。
美容整形手術の費用 (顔のアザやホクロの除去手術の費用は対象になりませんが、子供の歯列矯正の費用は対象となります。)、健康増進
や疾病予防等のための医薬品の購入費、人間ドック等の健康診断の費用、治療を目的としない眼鏡等の購入費用、単に耳が遠くなったため
に購入した補聴器の費用、通院に自家用車を使用した場合のガソリン代等は 「医療費控除」 の対象とはなりません。