トップ健康保険ガイド                                                                             サイトマップ
 出産をした時


出産手当金(被保険者のみ)

 出産のため仕事を休み、報酬の支払いがない時には、出産日(※出産日が出産予定日より遅れた場合は出産の予定日)以前42日
(多胎妊娠の場合は98日)から出産日後56日までの間で、1日につき標準報酬日額の3分の2が支給されます。
 なお、平成28年4月1日からは支給額の算定方法が見直されます。詳しくは→こちらをご覧ください。
 出産手当金の額より少ない額の報酬を受けている場合は、その差額が支給されます。
 ただし、任意継続被保険者には支給されません。


出産が予定より遅れた場合

産前は、出産予定日を含めた42日前から出産の日までの間。
産後は、出産の日の翌日から56日間。
 
出産手当金請求書の記載等留意事項

請求書内「医師・助産師の意見」欄に記載証明を受けてください。
委任状欄に被保険者の記入、捺印及び受領代理人の記入、捺印をお願いします。
その他請求書内の記載については、記入例等でのご確認をお願いします。

出産手当金請求書の添付書類について

「請求期間にかかる給与等の支払いについて」に記入のうえ、出勤簿の(写)と賃金台帳の(写)を添えて提出してください。
申請期間の初日の属する月を含む12か月の間に勤務先の変更があった場合、勤務先変更届を添えて提出してください。

資格喪失後の出産手当金について


支給要件
1. 被保険者の資格を喪失した日の前日まで継続して1年以上であった者。
※任意継続被保険者又は共済組合組合員の加入期間は、継続して1年以上の対象になりません。
2. 資格喪失の際、現に出産手当金の支給を受けているか受けうる状態にあること。
※受けうる状態とは、資格喪失の際、出産手当金の支給要件を満たしていたものの、報酬との調整等のためにその支給が停止されている場合
なお、退職日に出勤している場合は、資格喪失後の出産手当金は受けられません。