トップ健康保険ガイド                                                                              サイトマップ


標準負担額について
@ 入院中の食事についての標準負担額は、被保険者・被扶養者ともに入院1食につき360円(難病・小児慢性特定疾患者は1食260円)となっています。
市町村民税非課税世帯等の低所得者については、以下のような軽減措置があります。
 
(1) 市町村民税非課税世帯等の低所得者は1食につき210円
(2) 上記(1)の人で過去1年間に入院日数が90日を越えた場合は1食につき160円
(3) 上記(1)の老齢福祉年金受給者は1食につき100円
 
なお、特別メニュー等を追加した場合は、その分の特別料金は自己負担となります。
また標準負担額は高額療養費の対象とはなりません。
  
  
A 65歳〜74歳の方で療養病床 (主に慢性期の療養のための病床) に入院中の食事と居住費についての標準負担額は、被保険者・被扶養者とも
に入院1日につき1,700円となっています。
市町村民税非課税世帯等の低所得者については、以下のような軽減措置があります。
 
(1) 市町村民税非課税世帯等の低所得者は1日につき950円
(2) 年金受給額80万円以下等の場合は1日につき710円
(3) 老齢福祉年金受給者は1日につき300円
 
ただし、人工呼吸器を要する患者や難病等、入院医療の必要性の高い場合には、食材料費相当のみの負担となります。