トップ健康保険ガイド                                                                             サイトマップ


 被保険者が病気やケガの治療のため仕事を休み、給料が支給されない時、被保険者とその被扶養者 (家族) の生活補償の目的で、一定の金額
が傷病手当金として健康保険組合から支給されます。
 但し、任意継続被保険者の場合は支給対象外です。


支給を受けられる4つの条件
 傷病手当金の支給をうけるには、次の4つの条件を全て満たしていることが必要です。
@ 病気やケガで療養中であること
 病気やケガのため療養しているのであれば、自宅療養でもよいことになっています。
A 療養のために仕事につけないこと
 病気やケガのため仕事につけない時
B 4日以上連続して仕事を休むこと
 療養のため仕事を休んだ日が連続して3日間(待期)あったうえで、4日以上休んだ場合に4日目から支給されます。
C 給料の支払がないこと
 給料が支払われてもその額が傷病手当金の額より少ない時には、その差額が傷病手当金として支給されます。
 
支給される金額
 傷病手当金として支給される額は、1日につき標準報酬日額の3分の2です。
 平成28年4月1日からは支給額の算定方法が見直されます。詳しくは→こちらをご覧ください。
 
支給される期間
 傷病手当金が支給される期間は、同一または関連した病気やケガについて支給の始まった日から1年6ヵ月間です。
 ここでいう1年6ヵ月とは暦の上での1年6ヵ月という意味で、支給の実日数ではありません。
 その間の出勤欠勤の日数にかかわりなく、支給の日から1年6ヵ月経過すると傷病手当金は支給されません。
申請手続
 「傷病手当金請求書」 に 医師の労務不能についての意見 と 事業主の証明 を受け、出勤簿の(写)と賃金台帳の(写)及び
 「傷病手当金の請求期間にかかる給与等の支払について (在職期間中の申請のみ)」 を添えて請求 (申請) します。
※申請期間の初日の属する月を含む12か月の間に勤務先の変更があった場合、勤務先変更届を添えて提出してください。
 
障害年金を受けるようになった時
  同一の傷病により傷病手当金の支給期間と厚生年金保険法による障害厚生年金 (障害基礎年金を含む) の受給期間が重複した場合、傷病手
 当金の額が障害年金の額を上回る時は、その差額が健康保険組合から支給されます。 (障害手当金の場合は、傷病手当金を仮に受けるとした
 場合の傷病手当金の額の合計額が、障害手当金の額に達する日までの間、傷病手当金は支給されません。)
  したがって、傷病手当金の受給者が厚生年金保険法による障害年金、障害手当金を受けられるようになった時は、速やかにその旨を所定の
 申請書に年金・手当金額を証明する書類等を添付して健康保険組合に提出する必要があります。
 
喪失後の給付
  被保険者資格を喪失した日の前日まで引き続き一年以上被保険者であった者であって、その資格を喪失した際に傷病手当金の支給をうけてい
 るか、又は受けられる条件を満たしている者は、被保険者として受けることのできるはずであった期間、継続して同一の保険者からその給付を受
 けることができます。
  ただし、老齢又は退職を事由とする年金の給付を受けられる場合は、受けられる年金の額が傷病手当金より少ない場合は、その差額が支給さ
 れます。