トップ健康保険ガイド                                                                             サイトマップ


 健康保険の被保険者は、病気やケガをしたとき保険医療機関 (健康保険の指定のある病院・医院等) の窓口へ保険証カードを提示し治療のた
めに必要とされる医療を受けられます (療養の給付)。
 被扶養者についても被保険者と同様に受けられます(家族療養費)。


療養の給付が受けられる条件@ 業務外の病気やケガであること
  健康保険で治療を受けられるのは、業務上あるいは通勤途上の原因以外による病気やケガに限られます。業務上あるいは通勤途上の原因
 による病気やケガは労災保険で治療を受けることになります。
  ただし、健康保険で受けられる病気やケガとは医師が診療の必要を認めるものをいい、単なる疲労や美容整形、正常な分娩、健康診断等は
 健康保険の給付の対象となりません。


療養の給付が受けられる条件A 保険医療機関 (保険医) にかかること
  健康保険では地方社会保険事務局長から指定を受けた病院・医院等 (保険医療機関) において療養の給付を行うことができますので、保険
 証カードを提示すればどの病院でも給付が受けられるというものではありません。
  全国の病院・医院のほとんどが保険医療機関の指定を受けていますが、まれにそうでない病院もあります。やむを得ない場合を除いては、
 保険医療機関にかかるようにしましょう。


療養の給付が受けられる条件B 保険証カードを窓口に提示すること
  健康保険で診療を受けようとする時は、必ず病院の窓口に保険証カードを差し出さなければなりません。
  健康保険で受けられる病気やケガで保険医療機関にかかったとしても、窓口に保険証カードを提示しなければ、保険による医療は受けられ
 ず全額自費となります。
  なお、70歳以上の方は 「高額受給者証」 を、長期疾病認定者は 「特定疾病療養受療証」 を必ず保険証カードに添えて提示してください。


診療を受けた時の負担について

年齢


未就学児 就学児以上
70歳未満
70歳以上75歳未満 75歳以上

後期高齢者医療制度に加入
一部負担金割合 2割 3割
2割
(平成23年3月までは1割)

3割
(現役並所得者)

※現役並み所得者:標準報酬月額が28万円以上の方。但し、単身世帯で年収383万円以上、夫婦2人世帯で年収520万円以上の方。



健康保険で受けられない場合

健康保険で受けられる例外

  業務上、通勤途中が原因の病気やケガ

  通勤途中で下車したり通勤経路を逸脱したときに起きた事故の場合

  研究中の高度先進医療

  厚生労働大臣の承認を受けた 「特定承認保険医療機関」 で、
  厚生労働大臣の定める診療を受ける場合

  単なる疲労や倦怠

  疲労が続いて病気の疑いがもたれる場合

  隆鼻術や二重まぶたの手術等の美容整形

  治療上の必要によりおこなわれる場合

  仕事や日常生活に支障のないシミ、そばかす、
  アザ等

  治療が可能で、治療を要する症状がある場合

  予防注射

  麻疹、百日咳、破傷風、狂犬病に限り、感染の恐れがある場合

  健康診断や人間ドック

  検査の結果、治療が必要とされた場合の治療

  正常な妊娠、分娩

  妊娠中毒症、異常分娩等の場合の治療

  経済上の理由による人工妊娠中絶手術

  優性保護法に基づく人工妊娠中絶手術