トップ健康保険ガイド                                                                            サイトマップ


 病気やケガをして医師の診療を受けた時、その医療費は保険医療機関が健康保険組合に請求し、支払を受けることになっていますが、多数ある
保険医療機関が個々に請求し、支払いをしていたのでは事務が非常に煩雑になってしまいます。
 そこで、社会保険診療報酬支払基金 (支払基金) という機関を通して医療費の請求・支払いをすることになっています。支払基金では、保険医療
機関から提出された診療報酬明細書 (レセプト) をチェックし健康保険組合に請求してきます。支払いも健康保険組合が支払基金に支払い、支払
基金から各保険医療機関に支払われることになります。