トップ健康保険ガイド                                                                            サイトマップ


給付の種類
こんな時こんな給付が受けられます



法定給付

計機健保の付加給付
現物給付  療養の給付

 特定療養費

 入院時食事療養費

 家族療養費

  病気やケガで保険証カードを保険医療機関に提示
 して必要な医療を受けた場合、費用の7割 (未就学
 児8割、70歳以上7割〜9割) の給付が受けられま
 す。

  入院中の食事の費用については1食260円の標準
 負担額を除いた部分が入院時食事療養費として給
 付されます。 (低所得者は軽減措置あり)

 ●一部負担還元金
   自己負担金 (高額療養費・ 食事療養費
  を除く) の額から各1件ごとに、20,000円を
  控除した額。1,000円未満は不支給。100円
  未満は切り捨て。

 ●家族療養付加金
      同上

 ●家族訪問看護療養付加金
      同上
 訪問看護療養費

 家族訪問看護療養費

 
 在宅で療養中の者が、訪問看護のサービスを受け
 た時は、訪問看護に要した費用の7割 (未就学児8
 割、70歳以上7〜9割) の給付が受けられます。

計機健保の
付加給付
 療養費

 家族療養費

  やむを得ず保険診療が受けられなかった時、健康
 保険組合へ請求することによりあとでその費用が支
 給されます。

 移送費

 家族移送費

  入院や転院の必要を医師が認め、歩行困難な場
 合の移送には、健康保険組合の承認を得れば、基
 準内の実費が支給されます。

 
 高額療養費

 家族高額療養費

 合算高額療養費

  同一月に同一医療機関で保険診療を受けた際の
 自己負担額が限度額を超えた場合に、その超えた額
 を高額療養費としてあとで払い戻しを受けられます。

  そのほか高額の負担が続いた場合には、負担を
 軽減するための特例が設けてあります。

 ●合算高額療養付加金
   合算高額療養費の自己負担額から支給
  対象となった医療機関等からの請求書1件
  ごとに20,000円を控除した額。
   1,000円未満は不支給。100円未満は切り
  捨て。
 
 傷病手当金
  療養のため仕事を連続して3日休んで給料が受け
 られない時、標準報酬日額の3分の2が4日目から
 1年6か月の範囲で受けられます。
  ただし、任意継続被保険者の方は受けられませ
 ん。

 
 出産育児一時金

 家族出産育児一時金

 ●平成21年10月1日以降の出産の場合
  産科医療補償制度加入分娩機関で、妊娠22週以
 降に分娩した場合、被保険者・被扶養者共に一児に
 つき420,000円の支給が受けられます。

  妊娠22週以前と、産科医療補償制度加入分娩機
 関以外で妊娠4ヵ月 (13週) 以降に分娩をした場合
 は、390,000円の支給となります。

 ●出産育児付加金
     26,000円

 ●家族出産育児付加金
     16,000円
 出産手当金
  妊娠4ヵ月 (85日) 以降の出産で仕事を休み給料
 の全部または一部が受けられない時、標準報酬日額
 の3分の2が出産日以前42日 (多胎妊娠の場合は98
 日)、また出産日が出産予定日より遅れた場合は出
 産予定日以前42日から出産後56日の範囲で受けら
 れます。
  ただし、任意継続被保険者の方は受けられませ
 ん。

 
 埋葬料(費)

 家族埋葬料

  被保険者・被扶養者が死亡した場合に50,000円が
 支給されます。


  ●埋葬料付加金
     20,000円

  ●家族埋葬料付加金
     10,000円