トップ健康保険ガイド                                                                           サイトマップ


 健康保険の被保険者または被扶養者となると、その証明書として 「健康保険被保険者証」 (保険証カード) が交付されます。病気やケガ等で
保険医の診療を受ける時、この保険証カードを医療機関に提示することにより、かかった医療費の3割等の自己負担で必要な医療が受けられま
す。
 保険証カードはこのように大切なものですので、保管には十分に気をつけ紛失しないように、また治療が終わったら忘れずに返してもらうよう
にして下さい。
 紛失した場合、再発行の申請は行えますが、前の保険証カードを使えなくすることはできませんので十分ご注意ください。保険証カードを他人に
貸したり、不正に使用することは違法行為として禁止されています。
 また、保険証カードの記載事項は住所欄以外、自分で訂正することが出来ませんので記載事項に変更や異動があったときには、すみやかに
健康保険組合に届出て下さい。


70〜74歳の高齢者は 「健康保険高齢受給者証」 が交付されます。
70歳以上の高齢者は医療機関での自己負担の割合が所得に応じて変わります。
この自己負担割合が明記された 「健康保険高齢受給者証」 が被保険者と被扶養者それぞれに交付されます。