トップ健康保険ガイド                                                                            サイトマップ


被扶養者になれる人
  健康保険では被保険者だけでなく、一定範囲の扶養家族についても医療などの給付が行われます。
  被扶養者になれる人は、主として被保険者の収入で生計を維持されている人で、その範囲は次のようになっています。
 
@ 被保険者と同居・別居でもよい人
・被保険者の父母、祖父母等の直系尊属と配偶者 (内縁関係を含む)、子、孫及び弟妹
 
A 被保険者と同居が要件
・@以外の三親等以内の親族
・被保険者と内縁関係にある配偶者の父母及び連れ子
・内縁の配偶者の死亡後の父母及び連れ子
 
  なお、収入要件として 「主として被保険者の収入で生計を維持されている」 人とは、対象者が60歳未満の人ならその人の年間収入が130万円
 未満、60歳以上または障害者の場合は180万円未満で、被保険者の収入の2分の1未満であることとされています。
  また、別居の場合は対象者の年間収入が被保険者からの仕送り額より少ないことも要件とされています。


被扶養者の届出
  被保険者は新たに被扶養者にする人ができた時や、現に被扶養者である人に異動があった時には、その都度、5日以内に
 「被扶養者(異動)届」を健康保険組合に提出することになっています。
  なお、「被扶養者(異動)届」 には次のような扶養関係を証明する書類を添えて提出する事になっています。
 
   ・高卒年齢以上の学生は、在学証明書
   ・年金受給者の証明は恩給、振込通知書等の写
   ・収入のある人は、収入を明らかにするもの (給与明細の写、確定申告書の控の写等)
   ・無職・無収入の人は事業主の証明書
   ・雇用保険の失業給付受給終了が確認できる受給資格者証の写
   ・別居の場合の生計維持関係が判る送金証明 (銀行振込の控など)
   ・退職日の確認がとれるもの (退職証明書、社会保険資格喪失証明書、離職票の写等
   ・その他住民票、被扶養者とする理由書等