トップ健康保険ガイド                                                                            サイトマップ


任意継続被保険者
 健康保険は、事業所単位の強制加入を原則としていますが、会社など退職して被保険者の資格をうしなったときは、
一定の条件をもとに個人の希望により被保険者として継続することができます。これにより加入した被保険者を任意継続
被保険者といいます。


 任意継続被保険者となるためには、
1. 資格喪失日の前日までに、継続して2か月以上の被保険者期間があること。
2. 資格喪失日から20日以内に被保険者になるための届け出をすることが必要です。

任意継続の期間
 任意継続被保険者となった日から2年間となります。任意に喪失することはできません。

保険料の額
 保険料額は、退職時の標準報酬月額または、前年度9月末における当組合全体の平均標準報酬月額のいずれか
低い方をもとに決定します。
※保険料は次の場合を除き、2年間変わりません。
(1) 任意継続加入中に40歳になり介護保険第2号被保険者に該当した場合、または65歳になり介護保険第2号被保険者に
該当しなくなった場合
(2) 健康保険料率や介護保険料率が変更された場合
(3) 平均標準報酬月額の上限が変更された場合

申請書類及び手続きについて
1. 任意継続被保険者資格取得申請書
2. 給付金等の受取口座について
3. 被扶養者(異動)届 被扶養者がいる方は提出してください。
 手続きは郵送(書類一式)で受付をいたします。
なお、組合窓口での手続きをご希望の場合は、予約が必要になりますので事前に業務課(03-3264-4332)へご連絡ください。
また、郵送の場合、手続き完了後、ご自宅へ被保険者証と併せて納付書をお送りいたします。任意継続加入時、保険料の納付については、
納付期限までに同封の納付書より金融機関の窓口でお振込みください。※指定銀行以外の窓口で納付書利用により納付される場合は別途手数料がかかります。 

申請書類に対しての添付書類
給付金等の受取口座について
口座番号確認のため、通帳の写を添付してください。
金融機関で証明確認印をお取りいただいた場合は写の添付は必要ございません。
こちらの申請書は給付金・還付金及び補助金等が発生した場合のお振込先となります。
保険料の口座振替(引落し)ではありませんのでご注意ください。
任意継続の資格喪失後、少なくとも3か月間は口座の変更・解約をしないようお願いいたします。
被扶養者(異動)届 ※引続きご家族を扶養される場合は、収入確認の添付書類が必要となります。
(1) 無職無収入の場合
非課税証明書をお取り寄せください。
(2) パートまたはアルバイト等収入のある方
直近3か月分の給与明細の写、または源泉徴収票の写。
(3) 学生(大学生・専門学校)の方 ※高校生以下は添付の必要がありません。
在学証明書をお取り寄せください。
(4) 年金収入がある方
年金振込通知書等の写を添付してください。

保険料の納付方法について
 保険料の納付方法については、下記のいずれかの方法により納付してください。
 また、申請の際は任意継続被保険者資格取得申請書へ納付方法を選択し、必ずご記入ください。
1. 納付書にて毎月納付していただく方法
毎月初めに当組合よりご自宅へ納付書を送付いたしますので、納付書に記載されている「納付期限」までに納付してください。
※指定銀行以外の窓口で納付書利用により納付される場合は別途手数料がかかります。
「納付期限」は毎月10日となりますが、以下の理由により「納付期限」が10日にならない場合があります。
必ず納付書の「納付期限」をご確認ください。
(1) 当該月の10日が土日または祝祭日の場合(納付期限は翌営業日)
(2) 初めて保険料を納付する場合(納付期限は当組合が指定した日)
(注1) 納付書が届かない場合、または紛失してしまった場合には、早急に業務課(03-3264-4332)へご連絡ください。
(注2) 納付期限までに保険料が納付されなかった場合は、納付期限の翌日に資格喪失となります。
また、初回分の保険料が正当な理由なく納付期限までに納付されなかった場合は、被保険者資格が取り消しとなります。
2. 口座振替にて毎月納付していただく方法
口座振替はゆうちょ銀行のみとなります。ご希望の方は業務課へ「自動払込利用申込書」をご連絡のうえご請求ください。
手続き完了後、「手続き完了通知書」及び申込書(控)をお送りいたします。届きましたら口座振替開始月をご確認ください。
開始月の10日(10日が土日・祝祭日の場合は翌営業日)に指定口座より保険料を引落しさせていただきます。
口座振替の手続きは、概ね2か月程度の期間を要します。
手続きが完了するまでの間は、納付期限までに納付書にて納付してください。
3. 前納にて6か月分または12か月分を納付していただく方法
(1) 6か月前納を選択した場合
3月から8月に資格取得した場合は、資格取得月の翌月分から9月分までの保険料、9月から翌年2月に資格取得した場合は、
資格取得月の翌月分から当該年度の3月までの保険料を納付することができます。
(2) 12か月前納を選択した場合
資格取得した際に、資格取得月の翌月分から当該年度の3月までの保険料を納付することができます。
(注1) 保険料を前納にて納付する場合は、保険料が割引(年率4%の複利計算)されます。
(注2) 前納の納付期限は、資格取得年月日の属する月の月末となっておりますので、資格取得申請書を提出された時期によっては前納が
できない場合があります。
詳しくは業務課(03-3264-4332)までご連絡ください。

資格喪失について
1. 下記のいずれかに該当するときは、被保険者の資格を喪失しますので、業務課(03-3264-4332)までご連絡のうえ、
被保険者証並びに必要書類と併せてご返納ください。(カッコ内は資格を喪失する日です。)
(1) 任意継続被保険者となった日から2年を経過したとき(被保険者証に表示されている資格喪失予定年月日)
※資格喪失予定日の1週間前までに資格喪失のお知らせをお送りいたします。
(2) 保険料を納付期限までに納付しなかったとき(納付期限の翌日)
(3) 被保険者が死亡したとき(死亡した日の翌日)
(4) 就職して健康保険、船員保険、共済組合などの被保険者資格を取得したとき(被保険者資格を取得した日)
(5) 後期高齢者医療の被保険者資格を取得したとき(後期高齢者医療被保険者資格を取得した日)
※資格喪失予定日の1週間前までに資格喪失のお知らせをお送りいたします。
2. (1)(2)(3)により資格を喪失し、「資格喪失証明書」が必要な場合は、「資格に関する証明願」に必要事項をご記入のうえ、
当組合へ発行申請をお願いいたします。なお、資格喪失証明書は喪失日以降の交付になります。
また、(2)(3)により資格喪失する(した)場合は、必ず業務課(03-3264-4332)までご連絡ください。
3. (4)(5)により資格喪失した場合は、「任意継続被保険者資格喪失申出書」に必要事項をご記入のうえ、新しい被保険者証の写を
添付して当組合へご提出してください。

その他
住所または電話番号等の連絡先に変更があった場合
住所または電話番号に変更があった場合は、速やかに業務課(03-3264-4332)までご連絡ください。
被扶養者に異動があったとき
被扶養者を削除するときは、被扶養者(異動)届に必要事項をご記入のうえ、被保険者証を添付し、当組合へご提出してください。
被扶養者を追加する場合は、添付書類をご確認した後、被扶養者(異動)届に必要事項をご記入のうえ当組合へご提出してください。
被保険者資格を喪失した時は、速やかに被保険者証を返納してください。
資格喪失日以降は使用できません。資格喪失日以降に使用(受診)した場合、医療費を返還していただくことになりますのでご注意
ください。
領収書の保管
保険料納付後に発行される領収証書は、確定申告の際に必要となります。領収証書の再発行はできませんので、
無くされないよう大切に保管してください。



連絡先:業務課・03−3264−4332(直通)